テキストリンク
テキストリンク


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分で脱毛(毛抜きで脱毛、ピンセットで脱毛


毛根から脱毛することが出来れば綺麗に仕上げられますし、1ヶ月位は生えてきませんから、剃る場合に比べて脱毛頻度も少なくてすみます。

また対象が毛根そのものであり、皮膚を直接刺激しないため、他の脱毛方法に比べて肌への負担も比較的少ないでしょう。


ただ毛抜きやピンセットで脱毛する場合には、1本ずつ処理することになるため時間と手間がかかるので、かなりの根気を必要とします。

脱毛する箇所によっては相応の痛みを伴いますから、根性も必要です。


最近では抜くタイプの電動脱毛器の登場によって、効率よく痛みを和らげながら脱毛することが可能になってきているので、利用するのもひとつの方法でしょう。


注意したいのは、脱毛直後は脱毛した毛穴の内部を修復するために、毛穴を中心に血行が活発になって、肌が赤くなったり火照ったりすることがあります。

また脱毛後の毛穴に細菌が入って炎症を起こしたり、再生した時に埋没毛になることもあります。

自分で脱毛する時は入浴後にしましょう。毛穴が開いているので、毛穴の負担が少なく痛みが軽くなります。

皮膚を押さえながら、毛が生えている方向に逆らわないように脱毛すると痛みや炎症を少なくできるでしょう。


脱毛後に肌が赤くなってしまった時は、清潔な冷たいタオルで冷やしてください。
肌の火照りを抑えることができます。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。