テキストリンク
テキストリンク


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱毛の関連知識   毛周期とは


毛周期とは発毛が始まってから脱毛までのサイクルのことです。
毛周期は、大きく『成長期』『退行期』『休止期』の3つの期間に分けられており、生えている場所によって、その期間はさまざまです。

毛には1本1本についてそれぞれ寿命があって、常に成長しているわけではありません。『成長期』には毛母細胞の分裂が活発に行なわれるため、体毛は元気に成長します。
『退行期』になると毛根の角化が徐々に進行し、体毛の成長が遅くなります。約2週間で『休止期』に移り変わります。
『休止期』では毛根が完全に角化してしまうため、体毛は成長することができません。その後、毛根が毛穴から押し出されて脱毛しますが、一定の期間が過ぎると新しい体毛が形成されて生えてくるというサイクルを繰り返します。

続きを読む »

スポンサーサイト
脱毛の関連知識   埋没毛とは


埋没毛とは、脱毛を自分で行なった後に何かの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の下で毛が成長してしまうことです。

皮膚が炎症を起こして再生する時に、過剰に再生された皮膚が毛穴を塞いでしまうこともありますが、今のところ埋没毛の原因は医学的には明確になっていません。

毛抜きなどで脱毛した時に、途中で毛が切れて不十分な脱毛になったり、しっかり脱毛できた場合でも毛根が再生してしまうことがあります。
毛が伸びてきた時に毛穴が塞がっていると、埋没毛になってしまいます。
行き場を失った毛が皮膚の下でとぐろを巻いてしまい、決して見栄えの良いものではありません。

埋没毛を見つけたら、よく消毒をした針で皮膚に小さな穴をあけて、毛を出してあげてください。ただし埋没毛が原因で炎症を起こしている時は、皮膚科を受診してくださいね。

続きを読む »

脱毛の関連知識   多毛症とは


多毛症というと毛の数が多いことと思われがちですが、実はそうではありません。

軟毛と呼ばれるうぶ毛のような細い毛が、硬毛と呼ばれる太くて硬い毛に変化することで異常に毛深く見えてしまう病気のひとつです。

原因がはっきりしない特発性多毛症と原因となる疾患が存在する続発性多毛症に分けられます。

特発性多毛症、続発性多毛症のいずれにも男性ホルモンが関与していますが、何らかの疾患が原因で男性ホルモンの分泌が過剰になって発生するのが続発性多毛症、男性ホルモンの量は正常でも皮膚に影響しやすい体質のために発生するのが特発性多毛症と考えて良さそうです。

特発性多毛症の場合には、遺伝的な要因も関与していると考えられており、永久脱毛が治療方法として選択されます。
続発性多毛症では別の疾患に原因がありますから、その疾患の治療にあわせて過剰になった男性ホルモンを抑える治療が行なわれます。

続きを読む »

脱毛の関連知識   脱毛とは


もともと脱毛というのはムダ毛を抜いて処理することをいいますが、現在では除毛や剃毛も含めて脱毛と呼ぶのが一般的になっています。

個人差はありますが、脱毛してもムダ毛は生えてきますから、定期的に脱毛処理することが必要です。

自分でする脱毛から始まり、クリニックやエステサロンに行ってしてもらう脱毛まで方法はいろいろですが、それぞれの方法には長所と短所があります。

脱毛方法が自分の体質に合うかどうかは大切な問題です。

続きを読む »

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。